hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

法定福利費計算書

¥8,000 税込

※こちらはダウンロード商品です

hfsheet_a.zip

4.86MB

毎月、年金機構より「社会保険料の納入告知書」が送付されますが、この「社会保険納入告知書」のチェックには、自己負担分に加えて、会社負担分(法定福利費)の社会保険料の算出が必要となります。また、介護業界では介護職員の賃金改善を目的として、処遇改善加算総額の配賦が行われていますが、ここでも法定福利費の算出が要求されます。 <収録内容> (1).法定福利費計算書 「法定福利費計算書v1.0」の記入例シートと白紙シート、及び「法定福利費計算書v1.1の白紙シートを収録しています。v1.0は、65歳以上の雇用保険免除用のシートで、v1.1は、65歳以上の雇用保険徴収用のシートです。 1.法定福利費計算書v1.0_記入例 2.法定福利費計算書v1.0_白紙 3.法定福利費計算書v1.1_白紙 (2).解説書 1.法定福利費計算書の作成方法.pdf 2.「法定福利費計算書」の使い方と実際の活用事例.pdf 3.社会保険料納入告知書の納付金額のチェック方法20210129.pdf (留意) 年齢が65歳以上の雇用保険の被保険者(高年齢被保険者)については、これまで雇用保険料徴収が免除されていました。しかし、2020年4月1日 からは、65歳以上の被保険者分も雇用保険料を納める必要があるため、被保険者本人の負担分を徴収しなければならなくなりました。そこで、「法定福利費計算書v1.1」では、65歳以上も雇用保険を徴収するように関数を変更しております。ブログ等の中では、法定福利費計算書v1.0にて説明をしておりますので、あえてv1.0も添付しております。が、使用される場合は、法定福利費計算書v1.1をご使用下さい。